2007年04月04日

逆指値注文(ストップオーダー)

逆指値注文は新規の注文にも損切りオーダーにも幅広く使える注文方法です。

FXでは相場が急変して自分が思っていたのと逆方向にいったときに泣く泣く損きりをしなければいけない場面があります。
いつもチャートをチェックできればいいのですがなかなかそうもいきません。

そんな時でも逆指値の注文がオーダーしてあればおけば相場の急変による損失を最小限に食い止めてくれるのです。
ストップロスオーダー、損きり注文などと呼ばれています。
相場から退場しないためにもストップロス注文だけは早めに覚えておいた方がいいかもしれません。


逆指値注文の便利な使い方をもうひとつ!
一定の範囲内(レンジ)で動いている相場があるときどちらかに急激に動くことがあります。(レンジブレークなどといわれています。)

レンジ相場の時はどちらにブレークするかは予想するのは難しいです。
なのでレンジがブレークして方向性が出てから注文を出したいですよね!
そんな時にも逆指値注文が有効に使えます。
レンジの上で買いの逆指値注文を出しておけばブレークしたら自動的に買い注文を出してくれるのです。

この使い方は少し上級者向けなので最初は使うことはないと思いますが覚えておくと便利かもしれません。

にほんブログ村 為替ブログへ   外為ランキング


posted by SKR at 14:18| 注文の種類はいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。