2009年05月27日

債務削減、期限内合意できず=GM、破産法申請が濃厚に

経営危機に陥っている米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)の債務削減交渉で、債権者の9割(債権額ベース)から同意を得る同社の目標達成が27日、困難な情勢になった。再建策の要である過剰債務の大幅圧縮が難しくなったことで、GMは連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請に踏み切る可能性が極めて濃厚になった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000090-jij-int


posted by SKR at 13:51| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。