2010年04月19日

ギリシャのパパンドレウ首相、支援策発動の是非を2〜3週間以内に決定

ギリシャのパパンドレウ首相は、ユーロ圏がまとめたギリシャ支援策について、発動を要請するかどうかを2─3週間以内に決めると述べた。

ギリシャは、ユーロ圏が具体的なギリシャ支援策で合意した後も、資金調達コストの上昇が続いており、市場では、ギリシャが支援策の発動を要請するとの見方が強まっている。


posted by SKR at 10:33| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。