2009年02月17日

ポンド安は市場のオーバーシュート傾向反映の可能性〜英中銀副総裁

イングランド銀行(英中央銀行)のビーン副総裁は16日、2009年に入ってからポンドが若干売られ過ぎの感があるとの見方を示す一方、全体的には正しい方向に向かっているとの認識を示した。


 英金融政策担当者は、ポンド安が経済成長に寄与するとの見方を維持しており、副総裁も「全体的な方向性は正しい」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-36507520090216



posted by SKR at 08:55| 外国為替証拠金取引ってなに? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。